熊野の自然・風土を素材、テーマとして生み出された生活雑貨(衣食住)を、量り売りまたは過剰包装なしで販売する、奥熊野の海沿いの小さなお店です。
⇒2017年4月21日、熊野での営業をしめくくり、木花堂一家は、実家である山口県へ引越しました。2011年6月から熊野市木本町でOPEN、2014年9月には熊野市須野町へ移転OPEN、合計約6年間、ご愛顧くださったお客様、お取引してくださった作家さま、生産者さま、支えてくださったみなさま、心より、ありがとうございました。

5月からは長門市の向津具半島にて新しい暮らしを始めます。時期は未定ですが、カフェメインで木花堂を再スタートする予定です。近況は、Facebookやブログをご覧ください。

毎週土日は、須野町でゆるマルシェ!

・・・須野町の町全体をつかってマルシェをしています。出店者さんも、お客さんも、須野町の人もみんなが笑顔になる週末、ぜひ遊びにきてください。

←出店者さんなど内容&詳しくはこちら

 

ブログバナー

 

木花堂のブログ

『木花堂のすの暮らし』

 

 

 


☆須野区長の濱田さん夫婦作の「須野まるごと探検MAP」を店頭で配布しています。PDF版もこちらからダウンロードしてご覧頂けます!